Chapel Hour

聖書に基づいた教育
(チャペルアワー)

聖書に基づいた教育、チャペルアワーとは

毎日のチャペルの時間には、 全世界のベストセラーである聖書のお話を通して、 道徳倫理観を身に付けていきます。


チャペルアワーを通して・・・。

幼いころから、 聖書の大事な教えである三愛 「自分を愛し、 隣人を愛し、 神さまを愛すること」 に触れて

成長していく事を願い、努めます。

自分を愛する心が育まれることで、自分をありのままに受け入れ、自信を持って生きることができるようになっていくのです。 自分以外の隣人を愛し、仕えることを通して、社会の一員としての自覚と生きがいが芽生えていきます。

神さまを愛すると、 善悪の区別がつくようになり、自然に自分を愛し、隣人を愛することができるようになりま

す。これが三愛の心の大事な教育です。

毎日のチャペルと園生活を通して三つの愛に生きることを学びます。

チャペルでは:

  • 讃美歌を歌う。お祈りをする。聖書のお話をきく。

  • このチャペルの中で、善悪の判断基準や聖書に基づく世界観、人生観をもった子供に育つように、祈りながら取り組んでいます。

※当園ではキリスト教に基づいた聖書的な倫理、道徳教育を重視しています。

宗教的な勧誘などは一切行なっておりません。